【人をダメにするクッション】yogibo(ヨギボーミニ)が最高すぎた。

買ってよかった物
こんにちは。お家だいすきCUTIE(@yaken_to_issho)です。
「人をダメにするクッション」って最近よく聞くようになりましたが、
どんな風にいいのかよくわかりませんよね。
わが家では、
アメリカ発「元祖・人をダメにするクッション」であるヨギボーを使ってみたところ、
超リラックスできたので2つ目を購入したほどです。
これを使わないのはもったいない!
この記事では「ヨギボー」の魅力をご紹介します。

「ヨギボー」ってどんな商品?

無印ニトリの「人をダメにするクッション」と違うの?
使い心地はどんな風にいいのかな?

 

「ヨギボー」は他のソファに比べて伸縮性があるから
いろんな使い方ができるぞい。

 

移動も普通のビーズクッションに比べて簡単じゃから、

ミニマリストにもおすすめじゃ。

そういうわけで、

「人をダメにするクッション」最上位とも言える「ヨギボー」についてご紹介します。

 

もちろん猫もダメになる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結論:「ビーズクッション」なら「ヨギボー ミニ」がダントツ

ヨギボーはアメリカで生まれた元祖「人をダメにするクッション」です。
日本では、無印やニトリのビーズクッションの方が知名度がありますが、
使い心地は「ヨギボー」がダントツです。
ビーズクッションの最上級といえる品質です。
ヨギボーは、
特殊な素材で出来たカバーと軽量化したビーズが生み出す弾力が特徴的です。
無印やニトリも大型のビーズクッションを出していますが、
同サイズの「ヨギボー ミニ」は他社の製品と全く違います
<ヨギボー ミニ>
長さ:約95cm
幅約:65cm
重さ:約4.0kg
体積:約212L

<無印やニトリの従来のビーズクッションとの違い>

・カバーが同一素材で作られている(通常は「やわらかい面」「かたい面」がある)
・「特殊なカバー」は米国で特許申請中→「ヨギボーカバーが全然違う

わが家では人間同様、犬や猫がヨギボーに乗っていることも多いのですが、
カバーが分厚く伸縮性があるので、中型犬が爪でヨギボーを掘っても大丈夫です。


「ヨギボー ミニ」の無印やニトリの「ビーズクッション」との違い

↑「無印良品 体にフィットするソファ デニム

 

 

↑「ニトリ ビーズソファ 本体

 

ビーズクッションの購入を考える方は、
ヨギボー ミニと同サイズの無印ニトリの製品も気になるところだと思います。
お値段:ニトリのビーズクッション(およそ1万円)が安い
重さ:「ヨギボー ミニ」(4.2kg)が圧倒的に軽い
ヨギボー特殊ビーズを使用しているため、
ボリュームがあっても重量は軽くて移動が楽です。
「ほどほどの使い心地で、お値段が少しでも安いものが欲しい」なら

→ニトリのビーズクッションを買う

無印やニトリの店舗でも実際に座ってみれるコーナーがあるので、
座り心地を比べてみてもいいかもしれません。

「ヨギボー ミニ」が値下げ!無印とほぼ同じ値段になっておトクに買える!

わが家で数年前にヨギボー ミニを購入したときは、
送料込みで2万円越えでしたが現在は一万円代半ばで購入できるようになったようです。

さらに、セールに当たると10%引きになることもあります。

yobigoは公式サイトAmazon楽天で購入しても価格は同じです。

ただ、楽天で購入すると楽天ポイント分が戻ってくるので楽天市場での購入がおすすめです。

 

これから買う人は安く買えていいのう。

ちょっとくやしいわい。


【10%OFF】Yogibo Mini (ヨギボー ミニ) 大きいサイズ ビーズクッション

無印やニトリのビーズクッションと比べても「ヨギボー ミニ」が最高

ヨギボーは断トツで座り心地が最高です。
特殊素材でつくられた伸縮性の高いカバー軽量化したビーズ
たっぷりと使われているので「弾力」が違います。
動画の中で、
ヨギボーに倒れこんだり、子どもがジャンプして乗るシーンがありましたが、
強い衝撃を吸収してしまうほどの弾力がある証拠です。
他のビーズクッションでは、
ここまでの衝撃の吸収はできません。
(同サイズの無印のビーズクッションにダイブした経験あり。はずかしい。)
ヨギボーはダントツで高品質なので
予算的に厳しかったとしても、満足度の高いヨギボーを買うことをおすすめします。

おすすめサイズは日本の住宅にフィットする「ヨギボー ミニ」

ヨギボーには様々なサイズ展開があり、どれを買うか迷うところですが、

大きすぎず、小さすぎないヨギボー ミニがもっとも使いやすいです。


Yogibo Max (ヨギボー マックス) 特大 ビーズクッション(ネイビーブルー)

アメリカンサイズなのでちょっとしたベットくらいあります。
実際、ヨギボーをベッドがわりにする人もいるらしいです。

人気はNo. 1なので、
アメリカでは大きいサイズが好まれるようです。

 

 


Yogibo Midi (ヨギボー ミディ)ビーズクッション(ブラック)

中ぐらいのサイズでも結構大きいです。

 


Yogibo Mini (ヨギボー ミニ) 大きいビーズクッション(チョコブラウン)

日本の住環境なら、
こちらのYogibo Mini ヨギボー ミニが一人用ソファとしておすすめです。

 

写真では180cm以上ありそうな外国の方がモデルになっているので、
小さく見えるかもしれませんが170cmくらいまでの方であれば、ゆったりと使えます。

 

日本の住宅は海外に比べて狭いため、
Yogibo Max (ヨギボー マックス)」を部屋に置くと大きすぎるので、
6畳~8畳ほどの広さの部屋で使用するならヨギボー ミニがおすすめです。

 

わが家は2人家族なので、
リビングに二つのヨギボーミニを置いてそれぞれ使っています。

 

「ミニ」といっても厚みがあるので小さいという印象は全くなく、
六畳ほどの部屋であれば存在感がすごいです。

 

ヨギボー ミニなら4kgほどなので移動させるのにも便利で手軽に使うことができます。

 

角を立てて座れば一人用のソファになり、
平たく置いて横になればリクライニングのように楽に体を横にできます。

 

わが家では、映画を見るときなど壁際に平たく置いて寄りかかって使っています。


Yogibo Pyramid (ヨギボー ピラミッド)

子どもたちには、
こちらのヨギボー ピラミッドがサイズ的にちょうどいいです。
三角錐・ピラミッドのような形をしていて、浅く寄りかかることができます。
ある温泉施設の休憩広場で、
この「ヨギボー ヒラミッド」がたくさん置かれていました。
みなさんスマホを見ながらリラックスモードでした。
サイズ的にコンパクトなので、
たくさんの人が同じ場所でリラックスするにはいいサイズですね。




「ヨギボー ミニ」はソファを置くと狭くなる日本の住環境と相性抜群

部屋の中にソファを置くと、
「部屋、せまっ!」と思ったことはありませんか?

 

イケアなどに行くとわかりますが、
日本の住宅の間取りは、海外に比べて狭いのでソファを置くと部屋を有効に使えなくなります。

 

わが家にも大きな2人掛けのソファがありましたが部屋の面積を占領してしまい、
部屋を広々と使うことができませんでした。

 

そこで、かさばるソファを撤去し、
ヨギボー ミニを使い始めました。

 

「ヨギボー ミニ」はソファほどかさばらず、
4kgしかないので片手でつかんで簡単に別の部屋に移動することもできます。

 

お掃除のときも移動できて便利ですし、
ソファのように座ったり、寝そべってリクライニングチェアのように使ったり、

 

フレキシブルに使い方を変えられるところが
シンプルな生活を目指すわが家には合っています。

「ヨギボー ミニ」のカバー選び:「ダークカラー」は避けた方がベター

ヨギボー ミニカラーバリエーションが豊富なため、
購入する際に、何色のカバーにしようか迷うところです。

私が実際にヨギボーを2つ購入(キャメル・ライムグリーン)してみた感想ですが、

キャメルの方が汚れが目立ちにくかったので
ダークカラーに近いほど、ホコリやペットの抜け毛が目立ちやすいと言えます。

 

ペットを飼っていない方でも、
ホコリや汚れが気になる方はダークカラーを避けることをおすすめします。

替えのカバーの購入も可能なので、

カラーに飽きたり、汚れが目立つのが気になる場合は
他の色を試してみてもいいですね!

「ヨギボー ミニ」がへたっても「補充用ビーズ」でずっと使える

ヨギボーを買ってからしばらく使用すると、へたりが気になります。
わが家のヨギボーも毎日使うので多少へたってきましたが、
定期的にカバーを外して洗い、本体は天日干しするとボリュームが少し戻ります。

それでもへたりが気になる方は「Yogibo 補充ビーズを購入するのもありです。

無印やニトリのビーズクッションも同じようにへたるので、
ヘタリ問題はヨギボーに限ったことではなさそうです。
※無印のクッションには補充用ビーズがないので、復活させることはできません。
わが家では、
4年ほど使用していますがヘタリがもう少しひどくなったら、
補充用のビーズで復活させようと考えています。
注意:ここでヨギボーの軽量化されたビーズではなく、
ニトリなどの他社製品のビーズを補充すると本体が重たくなってしまい
ヨギボーの利点が失われるので純正のビーズを補充することをおすすめします。

「ヨギボー ミニ」でもデカイ!店舗で買ったら持ち帰れない!

都市部であればヨギボーの店舗が駅ビルなどに入っており、
実物を見ることができます。
しかし、購入する際はネット通販がおすすめです。
ヨギボー ミニでさえ、
ボリュームがすごいので手持ちで持ち帰ろうとするのは無謀です。
ネット通販であれば、
玄関先まで持ってきてもらえるので断然ネットでの購入がおすすめです。
わが家のヨギボーはネットで購入しましたが、
運送屋さんがヨギボーを持ってきたときにアパートの玄関の幅ギリギリで室内に入りました。

「玄関に入らない!」と思って焦ったわい。

お店から家まで持ち帰ったら目立つじゃろうな。

フォフォフォ。

「ヨギボー ミニ」買うならネット通販「楽天」が実質最安値

 

ネットで購入する場合、どこでヨギボーを買うのが最安値がきになるところですが、
ネット通販の候補としては、Yogibo公式サイト楽天Amazonヤフーです。
どのサイトでも、Yogiboは値引きがないので同一価格ですが、
楽天で購入すれば楽天ポイントがその分つくのでお得になります。
普段はAmazon派の人も、Yogiboを買うなら、楽天市場が断然オトクです。

まとめ: 値段が高くても「ヨギボー ミニ」を買うことをおすすめ!

  • 狭い日本の部屋には「ヨギボー ミニ」サイズがピッタリ
  • ビーズクッションは「ヨギボー ミニ」の品質がダントツ
  • 子どもたちには「ヨギボー ピラミッド」
  • 最安値なら「ニトリ」
  • 「ヨギボー ミニ」はネットで買う
  • ネットで買うなら「楽天市場」で買うとポイント分がおトク

 

「ヨギボー」は本当に座り心地がよくて、
家にいるときはヨギボーから離れられません。

心地よいので昼寝をしてしまうこともしばしば。

体もラクで超リラックスできるので、気になった方はチェックしてみてください。

少しでも、参考になったらうれしいです!

 

→ヨギボーでゴロゴロしながら大画面で映画を見れる【格安プロジェクター】はこちら

買ってよかった物
スポンサーリンク
CUTIEをフォローする
CUTIE

シンプルに暮らすためのライフハック大好きアラサーブロガー。
ぐうたらゆるミニマリスト。元野犬の愛犬と猫3匹とともに、ゆるゆる過ごす。
【お得意カテゴリー】DIY・ライフハック・財テク・節約・動物系・買ってよかった系・料理・映画・本 など。
◆Twitter ↓フォローお願いします!

CUTIEをフォローする
いまをシンプルに生きるには

コメント

タイトルとURLをコピーしました