【ふるさと納税】よかったもの!甘〜い完熟「みかん」がコスパ最高!

みかんライフハック

今年も「ふるさと納税」の時期になりましたね。

ふるさと納税大好き、キューティ(@yaken_to_issho)です。

ふるさと納税の返礼品ってたくさんおいしそうなものがあって迷いますよね。

お肉が好きな方は、やっぱりお肉!でしょうか。

 

お肉もいいけど、冷蔵庫いっぱいになっちゃうし、

そんなにたくさん食べられないのよね〜。

冷凍庫に入れるのも限界があるし、困ったわ〜。

 

焦って食べなくてもいい返礼品はないのかしら?

 

 

ふるさと納税をするなら、

ヘルシーで手軽に食べられるおすすめの返礼品があるぞい。

 

 

ヘルシー志向のわが家はふるさと納税二年目ですが、おいしくて、ずっと楽しめて、おトクな返礼品をもらうかじっくり考え、実践してみたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結論:「ふるさと納税」もらってよかったコスパ最高「みかん」!

「ふるさと納税」という言葉を聞いたことはあっても、実際にやられている方はまだまだ少ないです。

手続きも簡単ですし、実質2,000円でたくさんの返礼品を得ることができます。

今年のわが家の例→たった2,000円で6キロのみかんが5回届く

明らかにお得だと思いませんか?

しかも来年度分の住民税と所得税からも寄付した金額ー手数料2,000円が控除されます。

「ふるさと納税の仕組み」詳しくは、

↓「さとふる」こちらのサイトでわかりやすく説明されています。

ふるさと納税とは? 初めての方へ | ふるさと納税サイト「さとふる」
寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じ...

 

ふるさと納税をする際に、一時的に数万円分の支払いが発生するので、一見すると損をしたような気分になりますが、ちゃんと来年度分の税金からその分が控除されるので、ただ税金を持っていかれるよりも、ついでに美味しいものをもらった方がトクです。

ふるさと納税は「寄付」という形で、

税金の「先払い」をすることでお得になるんじゃ。

先払いで一時的に損するような気がするから

やる人がやる人が少ないのかもしれんのお。

迷う!「ふるさと納税」返礼品選びについて

わが家は昨年からふるさと納税を始めたのですが、昨年はアマゾンギフト券が返礼品としてあったので、還元率がズバ抜けて高かったので、迷うことはありませんでした。

しかし、今年から金券系の返礼品は不可となったので、とりあえずのアマゾンギフト、という手が使えなくなりました。

しかし、これによって各家庭のニーズに合わせた返礼品を求めるようになり、各自治体が、還元率重視の金券の金額などではなく、特産品などの本来の持ち味で勝負できるようになったので、逆によかったのかなと思います。

「ふるさと納税」は何口寄付したらいい?

いくら分の寄付をするのかは、世帯によって違うので、シュミレーターなどで確認をして、寄付をしたことで、損をすることがないようにしましょう。

 

↓「さとふる」シュミレーター

控除上限額(限度額)シミュレーショントップ | ふるさと納税サイト「さとふる」
ふるさと納税において重要な税控除の目安が計算できるシミュレーションをご案内します。ご自身の控除上限額をきちんと把握しておけば、自己負担2,000円のみで効率的にふるさと納税を行えます。

 

寄付先の自治体数を6つ以下にしておくと「ワンストップ制度」が利用でき、確定申告が必要なく、簡単な書類を郵送する手続きだけで、次年度の節税ができるのでおすすめです。

 

ワンストップ制度を使えば、書類一枚にハンコを押すだけでいいのね〜

 

「ふるさと納税」は「楽天セール」で購入するとコスパ高い

楽天市場では、普通の商品を買うのと同じようにふるさと納税ができます。

検索バーで「ふるさと納税」と検索すると、対象商品が表示されます。

人気ランキングや、絞り込み検索も充実しているのでお好みの商品を見つけやすいです。

楽天会員の方であれば、セール時にはポイントが10倍以上つくことがあるので、月に一度やっているセールのときに合わせて購入すると、購入分の何割分かのポイントをもらえます。

もらえるポイントで、ふるさと納税の手数料2,000円分がポイントでゼロになるかもしれません。

例えば、25000円分のふるさと納税対象商品を購入→通常ポイント 250円分→ポイント10倍            なら2500円(手数料と相殺しても+500円お得!)

 

「ふるさと納税」もらってよかった返礼品はなに?

ネット検索をすると、おすすめ返礼品ランキングなどをみることができて

返礼品の候補を絞るのに便利です。

人気の返礼品は価格帯によって違いますが、牛肉などのお肉系やお米、干物の詰め合わせなど、やはり食品系が人気です。

「ふるさと納税」返礼品は計画的に!冷蔵庫に入りきらないかも?

大家族ではない(大人2人)の我が家では、お肉や魚介などの食品を選択したとすると、長期間冷凍庫が占領されるか、冷蔵庫に入りきらずに食品をダメにしてしまう可能性がありました。

そのため、食品系ではなく、ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品をもらうのも悪くなる心配がないのでいい選択だと思います。

 

わが家では「普段食べないおいしいものが食べたい」ということで、あきらめずに食品系で探すことにしました。

冷蔵庫にいれなくてもよいものとすると、お米が狙い目です。

 

しかし、わが家は実家がある田舎産のものを食べているので、お米は残念ながら選択しませんでした。

わが家の場合は、食生活的にお肉系はあまり食べないので、そちらも選択せず。

干物もいいなと思うのですが、シンプル志向のわが家に大きな冷蔵庫はないので、「干物詰め合わせセット」みたいなものだと、冷凍庫がパンパンになってしまうのでパスさせていただきました。

「ふるさと納税」の返礼品は「みかん」なら廊下に放置でもOK!

お肉やうなぎなどの海鮮系もいいのですが、わが家の食生活はさっぱり系のほぼベジタリアンなので、野菜やフルーツをたくさん消費します。

何種類かのフルーツを検討してみたのですが、いちごやメロンでは、冷蔵庫に入れなければダメにしてしまう。

しかし、「みかん」であれば廊下に放置していても半月は余裕で持ちます。

フルーツは毎日消費するので、みかんだったら毎日食べれる自信がありました。

 

毎年、冬になると八百屋産の前で箱入りみかんを買いたくなるのですが、箱で買うと持ち帰るのに重いということもあり、あったらいいなと思いつつも、思い切りがつかずに買わずに過ごしていました。

その点、ふるさと納税ならば、玄関まで届けてもらえますし、我が家はひとまず5.000円×5口を寄付するので5箱のみかんをゲットできることになります。

 

食の好みの問題ですが、コスパを考えても、みかんほどのキロ数をもらえるのは、お米くらいしかないので、量的にコスパ最強だと思います。

重要!返礼品の「みかん」は5一気に来たら困るので、「時間差」にする

ナマモノなので、一斉に届いてしまってはみかんを確実にダメにしてしまうので、発送時期が10月、10月下旬、11月、12月、年末と時間差のものを選ぶのがポイントです。

発送時期によってみかんの大きさやキロ数が違いますが、5kg〜7kgのみかんを届けてもらえます。

みかん

10月は小さめの早摘みみかんが7kg届き、今年の初みかんを知り合いの方におすそ分けしながらいただきました。早い時期のみかんだったので、珍しく感じたのかけっこう喜ばれます。

 

11月からは、収穫シーズンに入ったのか、みかんのサイズがぐっと大きくなりました。

月ごとに、様々な自治体のみかんを取り寄せしてみても、味比べができてたのしいです。

こんな調子で年末の年越し用のみかんまで、毎月1〜2回、みかんが届くので本当に便利ですし、体にもよく、周りの人にも喜ばれておトクです。

 

まとめ:ヘルシー志向なら返礼品は「みかん」がコスパ最高。

・ふるさと納税はデメリットなしで、節税ができてやらない理由がない自分の寄付額はシュミレーターをクリックするだけで、すぐに分かる
・もっともおトクにふるさと納税できるのは、「楽天市場」
・返礼品選びは、家族の人数、好み、冷蔵庫のスペースを考えて決める
・ヘルシー志向の方は、みかんを毎月届けてもらう方法がおすすめ
ふるさと納税もカートに入れるだけ!

楽天市場

 

以上、ふるさと納税の返礼品選びについてでした。

ふるさと納税は一度してみると、やり方が分かるので、次の年から簡単にできますよ。

参考にしていただけたら、うれしいです!

ライフハック
スポンサーリンク
CUTIEをフォローする
CUTIE

ライフハックや雑学、動物が好きな雑記ブロガー。
犬を撫でながらブログを書いてます(´∀`)
特技は、徹底的に調べ上げて買うネットショッピング。

CUTIEをフォローする
いまをシンプルに生きるには

コメント

タイトルとURLをコピーしました