【簡単】レンジで作る!スーパーの「ポテトサラダ」の作り方

お惣菜ポテトサラダ 再現ズボラレシピ

スーパーに売ってるポテトサラダって、超おいしいな〜

おなかいっぱい食べたいんだけど、うちで作れないかな?

 

スーパーのお惣菜コーナーで売っているポテトサラダってお店の味で本当においしいですよね。

わが家も90代のおばあちゃんがスーパーのポテトサラダの大ファンです。

 

いつでも、あのポテトサラダをおなかいっぱい食べられるようにスーパーの味を再現してみました。

包丁での皮剥き不要お鍋不要の電子レンジで簡単に作れます。

そういうわけで、「電子レンジで作れる!スーパーのポテトサラダの作り方」をご紹介します。

 

スーパーの「ポテトサラダ」の味を再現したい!

スーパーのポテトサラダ再現

クリーミーでフワフワした食感と、絶妙な味付けがクセになる「スーパーのお惣菜コーナーにあるポテトサラダ」

自宅でも電子レンジを使った簡単レシピで作ることができます。

レンジで作る「スーパーのポテトサラダ」:作り方

・お鍋不要、電子レンジでチンして混ぜるだけで出来る
・じゃがいもは包丁を使わず手でスルッと剥ける
・スーパーのポテトサラダの味を再現
ポテトサラダといえば、包丁でじゃがいもの皮を剥くのがメンドくさいですよね。
電子レンジを使えば、チンした後にスルッと手で剥けるので包丁での皮むき不要です。
このズボラテクニックで、ポテトサラダがいつでも気軽に作れるようになります。

レンジで作る「スーパーのポテトサラダ」:材料

ポテトサラダ 材料

<材料:3〜4人分>

・じゃがいも :6〜7個くらい
・きゅうり :1/2本
・ベーコン :10g
・コーン :30g
・牛乳(豆乳) :60cc(いもの水分によって調整)
・マヨネーズ :45g
・砂糖 :大さじ2
・塩 :小さじ2
・お酢 :大さじ2
・からし :小さじ2
キュウリの水分も生かすズボラレシピなので、塩もみ不要です。
キュウリを切ったらそのまま大きめのボウルに入れてしまいます。

↓ほんっとに料理がはかどる。一生モノのキッチンツールだよ、コレは。

じゃがいもの調理に入る前に、コーンと細かく切ったベーコンを電子レンジで3分ほどチンしておきましょう。
カリカリになったベーコンがあとでイイ仕事をします。
買ってきたベーコンは適当な大きさに切って冷凍しておくといつでも使えます
スーパーに売っている冷凍コーンを常備しておくとサラダやスープに使えて便利

レンジで作る「スーパーのポテトサラダ」:実際に作ってみる

ポテトサラダ 電子レンジ

・じゃがいもを同じ大きさになるように適当に切る
・大さじ2のお水を入れる
・ラップをピッタリとかける
・電子レンジの根菜モード(500w)で10〜12分チンする

じゃがいもは火の通りを均一にするために、同じくらいの大きさに切ります。
通常サイズのじゃがいもなら3等分、大きめなら4等分にします。

レンジで蒸すために大さじ2程度のお水を入れます。
じゃがいもがカラカラにならないために入れるので、多くなっても大丈夫です。

ちゃんと蒸すために空気が逃げないよう、ラップはピッチリとかけます。

根菜モードがあるレンジでは、根菜モードにしてそのままスイッチオン。

根菜モードがない場合は、500wで10分ほど様子を見てください。

じゃがいものいい匂いがしてきたらいい感じです。
ラップの上から触ってみて柔らかくなっていたらOKです。

じゃがいもの水分量によって加熱時間が変わるのでたまに様子を見てあげる

ポテトサラダ 電子レンジ

・ラップの上から押して、じゃがいもの柔らかさを確認
・ラップを剥がして触れる温度になるまで待つ
・水を張ったボウルにじゃがいもをつけながら皮をスルッと剥く

お箸や指でラップの上から触ってみて、じゃがいもが柔らかくなったらOKです。
「すこし固いかな?」と感じても木ベラで潰れるくらいであれば問題ありません。

ラップを剥がすときに熱風が出るのでヤケドに注意してください。
私は毎回注意するのを忘れて「アッッツツ!!!!」ってなります。

このとき、じゃがいもが熱々すぎて触れないので素手で触れるようになるまで数分待ちます。
このスキに、自分の手が入るくらいの小さめのボウルに水をたっぷり張っておきます。

じゃがいもに触れるようになったら、ボウルの中でじゃがいもの皮をむきます。
よく火が通っていたら、指で皮をつまむだけでスルッとむけます

たまに皮がむけにくいじゃがいもがあるので、そういうときは包丁でスーッとむきます。

剥いた後のじゃがいもは、すでに野菜とベーコンが入っている大きめのボウルにどんどん投げ込んでいきます。

じゃがいも 電子レンジ 皮むき

「お惣菜コーナーのポテトサラダの味」を再現する

ポテトサラダ スーパー再現

・適当に切ったキュウリ、チンしておいたベーコンとコーンを大きめのボウルに入れておく
・じゃがいもが熱いうちにどんどん剥いてボウルに投げ込む
・砂糖と塩、胡椒を入れじゃがいもが熱いうちに潰しながら混ぜる
・お酢を入れて混ぜる

じゃがいもがボウルに入ったら、砂糖(大さじ2)と塩(小さじ2)、胡椒(少々)を入れてじゃがいもを潰しながら混ぜます。

じゃがいもが熱いうちにこの3つを混ぜることでじゃがいもにバッチリ下味がつきます。

じゃがいもを潰しながら混ぜ、粗熱が取れたらお酢(大さじ2)を入れてよく混ぜます。

この時点で、味見をしてみるとすでに美味しい味になっているハズです。

お店の味に近づけるには、多めの砂糖、塩、お酢で下味を強めにつける

ポテトサラダ ふわふわ

・牛乳(豆乳)60ccを3回に分けて混ぜていく
下味がついたポテトサラダに牛乳(豆乳)を20ccづつ混ぜていきます。
このとき、空気を含ませるようなイメージで混ぜます。
一気に水分を入れるとベシャベシャした水っぽい仕上がりになってしまうので、少しづつ混ぜてフワッとした食感にさせていきます。

ポテトサラダ マヨネーズ 少なめ

・マヨネーズとからしを入れて混ぜる
すでに下味がバッチリついているので、マヨネーズ(45g)は最小限でOKです。
からしを入れることでじゃがいもの独特のくさみが消え、バチっと味が決まったスーパーのポテトサラダに近づきます。
わが家ではからし(小さじ2)くらい使いますが、大人向けの分量なので、小さいお子さんがいる場合、辛さをほとんど感じない量に調整してくださいね。

スーパーの味 ポテトサラダ

・空気を含ませるようにしてよく混ぜてフワフワにする
ここでもフワフワの食感になるように空気を含ませるようにして混ぜます。
混ぜていて、ドスっと重い抵抗感があるようなら牛乳(豆乳)を追加しながら混ぜてください。
木ベラに感じる抵抗感がほとんどなく、クリームのようになめらかになったらOKです。

お店の味を再現した「ポテトサラダ」:出来上がり

スーパーのポテトサラダ再現

(お好みでブラックペッパーをかけても良きです)

スーパーのポテトサラダ再現 

 

お店の味を再現した「ポテトサラダ」:いざ、実食。

ポテトサラダ ふわふわ

(めちゃフワッフワです)

ポテトサラダ 濃厚

(スプーンを逆さまにしても落ちないネットリ感)

わ〜!これは予想以上にスーパーの味!超ふわふわ〜!

ウマい!味見でなくなる勢い!

このポテトサラダがおいしすぎて、たくさん作ってもすぐになくなります。

いろんな人に食べてもらったところ大好評なので、みんなが大好きな味に仕上がっているようです。

お客さんが来るときにはつくりたいハズレなしメニューです。

お惣菜コーナーの「ポテトサラダ」を再現してみた:まとめ

みんなが大好きなスーパーのお惣菜ポテトサラダ

この味を再現できると、夕食時にはポテトサラダがあっという間になくなりますし、料理を持ち寄るパーティのときにも喜ばれます。

面倒な包丁での皮むきや鍋で茹でる必要もなく、電子レンジで簡単に作れるの興味がある方は是非つくってみてくださいね。

 

↓圧倒的に使いやすい柳宗理の「ステンレスボウル」


↓ハズレなし料理がいっぱい。クックパッドのベスト本

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました