【漏れないタッパー】「スクリューロック」は100均で買うよりお得!

便利グッズ

漏れないタッパーが欲しいんだけど、いい商品はないかな?

横にしても液体が漏れないタッパーってあったら欲しいですよね。

ジップロック「スクリューロックはペットボトルの口のようにギュっとしまる形状なので液体が漏れません。

また、セット買いすれば価格的にも100均で買うのとほぼ同じくらいです。

食材の保存やお弁当作りが超ラクになるので「スクリューロック」を使わないのはもったいないですよ!

そういうわけで、わが家で大活躍の「スクリューロック」をご紹介したいと思います。

漏れないタッパー「スクリューロック」は100均レベルの安さ!

・メーカー:AsahiKASEI、「ziplock」シリーズ
・本体:円柱型、スクリュー式の蓋
・サイズ:(大)730ml/(中)473ml/(小)300ml(フタは全サイズで共有可能)
 ジップロック スクリューロック アソートボックス 8個入
・冷凍OK/レンジOK/液体OK
・本体、フタとも耐熱温度は140℃、耐冷温度は-20℃
・食品の冷凍保存からフタごと電子レンジ加熱OK。(
※フタを閉めずにずらす)

ジップロックといえば、透明な袋型を思い浮かべますが、他にも四角いコンテナ型のタイプもありますよね。

私は、その二つのタイプしか知りませんでした。

以前、コンテナタイプは使ったことがありましたが、パコッとフタをはめるタイプで、特に印象に残ることもなかったです。

今回ご紹介するスクリューロックタイプは、ペットボトルのキャップのようにギュッと固く閉まるのでタッパーの進化系という感じです。

100均のよりお得!漏れないタッパー「スクリューロック 」価格

・大中小8個入りのアソートボックスは1個あたりの値段が安い

100均でもスクリュータイプの容器を見かけたことがあるのですが、110円を払ってそれらしいタッパーを買うよりは、ちゃんとしたメーカーであるジップロック「スクリューロック 」を買う方がお得です。

100均の製品にはいつもお世話になっていますが、モノによって当たりハズレがあるのでピッチリ閉まらないものに当たると使い物にならないですよね。

キッチリ閉まる漏れないタッパーを買えるなら、たった数十円安い100均のタッパーを買うよりお得です。


 

漏れないタッパー「スクリューロック」は横にしても漏れない!

メーカーも大きさもバラバラのタッパーを使っていた我が家。

重ねたタッパーやお皿がずり落ち中身の汁気が漏れ出て、冷蔵庫内が水浸しになることがたびたびありました。

冷蔵庫内のお掃除もベタベタして大変だし、においも取れなかったり…
わたしは、ズボラなので、そういった事故が起こると気分が下がってしょうがなかったです。

漏れないタッパー「スクリューロック」を使い始めてからは冷蔵庫での液漏れは起きていません。

今まで使っていた100均のタッパーで冷蔵庫内が大惨事

それまで持っていたタッパーは、100均で買ったものだったり、イ〇ンで買ったトッ〇バリューの4個で○○円、「フタをしたままレンジ可能」みたいなものでした。

イ〇ンのタッパーは、フタをしたままチンできるので、炊いたご飯を詰めておくにはそこそこ良いのですが汁気があるものを入れておくと、斜めになったときなどにヒヤヒヤしていました。

 

「スクリューロック 」は構造的にペットボトルのキャップのようにグルグルねじ込むので、冷蔵庫内で液漏れをすることが全くなくなりました。

さらに、フタの大きさがすべて同じなので容器を重ねるときにも安定して積み重ねることが可能。

高く積み上げられるので、思いがけず冷蔵庫内のスペースが有効に使えます

 

漏れないタッパーはお弁当にも大活躍!

しるもの

(うどんやラーメンをお弁当にできる!)

・漏れないタッパー「スクリューロック 」を使ってみて一番ビックリしたことは、スープ系をお弁当にできること!

お弁当に汁物やスープを持っていけるようになると、お弁当のバリエーションがグッと増えます。

寒い日にはラーメンやうどんを持っていくことができますし、暑い日にはそうめんやそばを持っていくこともできます。(麺が伸びちゃうのでスープとは分けて持っていく)

そのまま職場のレンジでチンしたら、温かいスープや麺類が気軽に楽しめます。

麺を茹でてスープを用意するだけなのでお弁当作りもカンタンですし、食欲がなくても食べられる麺類はお弁当の救世主になります。

漏れないタッパー「スクリューロック」弁当のおすすめサイズ

大中小と、サイズ展開があります。

わが家でいちばん使用頻度が高いのは断然、小」です。

しかし、どのサイズにも大活躍するタイミングがあるのでご紹介します。

「スクリューロック(小)300ml」は万能!

 

 

 

 


小

スクリューロック  (小)300ml は一番小さなサイズで、容積的にはお茶碗一杯分くらい。食べきりサイズ。

<こんなとき便利>

・おかずが少しだけ残った
・市販のラッキョウや福神漬け、市販の漬物を袋から出した後
・お弁当用に小×2で、サラダ&ミニ親子丼など
・犬のご飯のトッピング用の具、スープの保存に→小分けにして冷凍→一個づつ解凍

「スクリューロック(中)473ml」は少食向けお弁当箱サイズ!

 

スクリューロック(中) 473ml は、小さめのお弁当箱サイズ。

<こんなとき便利>

・少しかさのある煮物などをお弁当にするとき
・少食の方がうどんなどの麺類をお弁当にするとき
・フルーツやサラダをお弁当にしたいとき

「スクリューロック(大)730ml」たっぷりサイズのお弁当に

 

 

スクリューロック (大)730ml は、見た目よりも容積が多いので、たっぷりめのお弁当にも最適。

<こんなとき便利>

・たくさん作るスープ系料理の余りを保存(カレー、煮物なども)
・スープ系のお弁当用
・たくさん食べる人のお弁当用
・炊いたごはんの余りを保存
・作りすぎてしまったサラダの保存
・剥いたフルーツの保存
・たっぷり食べれる浅漬け作りの容器に

大容量でも重ねられるため意外に冷蔵庫で場所を取らず、ドスンとたくさん保存するときにも便利です。

かわいいお弁当には「スクリューロック」ディズニーデザイン

 

 

ジップロック スクリューロック ディズニーシリーズは、
かわいくてタッパーっぽさがないのでお弁当にはもってこいです。

これなら子どもたちも喜んでお弁当を持っていくこと間違いなし。

・ミッキー&ミニー
・ドナルドダック
・チップ&デール
・くまのプーさん
・アリエル
・トイストーリー

「スクリューロック」の「弁当袋」は「風呂敷タイプ」がおすすめ

 

リサラーソン ハンカチ50cm×50cm

 

「ジップロック スクリューロック はお弁当箱として超優秀なのですが、通常のお弁当袋を使うと、縦に積み重ねた容器が袋の中で動いてしまうため相性が良くありません。

そんなときは、「風呂敷」スタイルが便利です。

風呂敷と言っても、大判ハンカチサイズならカラフルなものがたくさん出ていますのでおしゃれに使えます。

サイズは45cm×45cmで一食分は包めます。

レンジがない場所なら漏れない「スープジャー」が便利

サーモス 保温マグ

学校やアウトドア先では、「電子レンジ」がありません。

その場合は、サーモス 真空断熱スープジャーを使えば、電子レンジのない場所でもあったかいスープがたのしめます。

・電子レンジのない職場・学校へのお弁当に
・登山などのアウトドアに
もちろん、密閉性が高いので移動中に水分が漏れ出す心配もありません。
サイズ展開やカラーもたくさんあるのでオススメです。
<デメリット>
・容器自体が重い/フタの部分が洗いにくい/予熱が面倒
「ジップロックスクリューロック」に比べて、やや手間がかかるので
・学校や山などレンジのない場所→「サーモス 真空断熱スープジャー 」
・職場などレンジのある場所→「ジップロック スクリューロック
という使い分けをすると便利です。

漏れないタッパーだからできる!シェイクするだけ「浅漬け」

漬物

・適当に野菜を切る→塩・砂糖・出汁粉を入れる→適当にシェイクして冷蔵庫へ
逆さにしても水気が漏れないのでスクリューロックひとつで「浅漬け」ができます。

これが結構ラクで便利なんですよね。

ビニール袋を使うこともなく、手でニギニギすることもなく簡単に漬かります。

「スクリューロック」は、全サイズを重ねて収納できる

スタッキング

使っていないタッパーはサイズがまちまちだと収納スペースを取ってしまい、すっきりとまとまらないことが多いですよね。

「ジップロック スクリューロック 3サイズすべてが重ねてしまえるので便利です。

収納スペースも有効に使えます。

ジップロック「スクリューロック」はフタが全サイズ共用で使える

3つのサイズ展開がありますが、すべての口径が一緒なので、フタはすべて同じサイズで、3つの本体サイズすべてに合います。

フタの色がジップロックのおなじみカラーのだけだとタッパーっぽさがありますが、お弁当用には黄色のフタも使うとカラフルでいい感じです。

ジップロック「スクリューロック」が漏れる場合の原因

耐久性については、基本的な使い方であれば十分強く作られていると思います。

実際に使っている中で、「スープや汁物が漏れるようになってしまったパターン」は以下。

<漏れる原因>

・落下によるヒビ→冷蔵庫から転がり落ちてフタにヒビが入った。
・油っぽい料理を入れて電子レンジでチンして変形→通常のレンジでは変形することはないが、油っぽい料理を入れていると油によって高温になるため容器がわずかに変形
・冷凍庫に入れ膨張してヒビ→容器内ギリギリまで水分を入れ冷凍すると、液体が凍るときに容積が増えるのでバキッとヒビが入った

<漏れ対策>

・用途を分ける→「お弁当用」は保存用に使い回さない

その他は一年以上、問題なく使えています。

漏れるなどの不具合が出た場合は、「ジップロック スクリューロック アソートボックス 8個入がかなり割安なので買い替えるという選択も全然アリです。

また、各サイズごとにバラ売りもしていますので、壊れたサイズだけを買い替えることもできます。

漏れないタッパー「スクリューロック」:まとめ

<スクリューロックの魅力>

・100均レベルの安さ 
・冷蔵庫内で横にしても漏れない
・漏れないからお弁当にスープや麺類を持っていける
・漏れないからそのままシェイクして浅漬けが作れる
・大中小と重ねて収納、フタを共用できる

保存容器は自炊をしているご家庭では、毎日使いますよね。

タッパーってどれも一緒だと思っていましたが、こんなに違うものかと感動しました。

超優秀です。

保存容器って地味ですが、わが家の「買ってよかったモノ」に間違いなく入りますし、生活を楽にしてくれました。

100均レベルの安さで購入できるので、日用品のあわせ買いをするときにお試しで購入してみるとよいですね。

使っていて余りにも便利なので、いろんな人に知ってほしいと思いました。

少しでも、毎日がシンプルに過ごせるといいですよね!

→【絶対ハマる!】IH対応おすすめ「ホットサンドメーカー」レビュー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました