【簡単】これだけあればOK!「ホームシアター」に必要なもの

家電グッズ
スポンサーリンク

こんにちは。10代から映画ファンのキューティ(@yaken_to_issho)です。

ネットの進歩でプライムビデオネットフリックスで気軽に映画が見れる時代になりましたね。

スマホやPCで映画を気軽にたのしんでいる方もいらっしゃると思います。

 

ホームシアターのように、大画面で映画を楽しみたいと思ったことはありませんか?

プロジェクターを使えば、簡単にお家で映画館気分を楽しむことができます。

 

「うちはプロジェクターで映画みれるよ(ドヤっ)」って言いたくないですか?

プロジェクターがあったら、お客さんにうらやましがられること間違いなしです!

ん〜、欲しくなってきたけど、

プロジェクターって高いんじゃない?

どんなプロジェクターを選んだらいいのか分かんないし、

プロジェクター以外に必要なものってあるの?

あと、プロジェクターを壁に固定するにはどうしたらいいんだろ?

なにもむずかしいことはないんじゃ。

必要なものが分かればホームシアターはすぐにできる。

毎日、大画面で映画をみれて映画好きにはたまらんぞい。

子どもたちも喜ぶこと間違いなしじゃ。

 

そういうわけで、自宅に「ホームシアター」を作るために必要なものを4つご紹介します。

「ホームシアター」に必要なもの

「ホームシアター」はお金持ちの家にあるものだと思っていませんか?

大きな白いスクリーン、大きなステレオセットなどが思い浮かびますよね。

ちゃんとしたホームシアターを作ろうとすれば、何十万円もかかります。

 

しかし、プロジェクターと3つのものを使えば、六畳の部屋に3万以内で大画面で高音質のホームシアターが作れます。

 

コスパ最強、超シンプルにホームシアターを作る方法をご紹介します。

方針:シンプルに使いたいので無線ワイヤレス、配線はプロジェクターの電源のみ

ゴチャゴチャした配線はダサいからイヤじゃっ

 

「ホームシアター」を作るのに必要なものは6つ!

ホームシアターを作るには、次のアイテムをネット通販でポチるだけ。

 プロジェクター」(わが家は「ELEPHAS」から「YABER」へ買い替え)
1.「Fire TV Stick」(プライムビデオ、YouTube,ネットフリックスなど視聴)
2.「ワイヤレススピーカー」(家族がいる方→「ワイヤレスイヤホン」)
3.白い壁

(部屋の広さは6畳でもOK)

「ホームシアター」に必要なもの①:「プロジェクター」

 

自宅にホームシアターを作るには、何がなくても「 プロジェクターが必要です。
プロジェクターはネット通販で、7000円~販売されています。

どれを選んだら良いのかすぐにはわからないと思うので、ポイントをまとめました。

 

<わが家のプロジェクター選びのポイント>

予算:2万円以下
解像度:HD(1080p)以上
明るさ:3000ルーメン以上
投射距離:(約1m〜5m)
保証期間:3年間(2ヶ月間以内に無料交換・返品可)

 

「プロジェクターは安いものだと7000円台からありますが、安いものだと明るさが足りません。(3000ルーメンは欲しいところ)

明るさが足りないと、「部屋を真っ暗にしなければ見れない」ということが起こります。

わが家のプロジェクターは3500mlのものを使っており、昼間でもカーテンを閉めれば視聴することができるので休みの日は昼間でも海外ドラマの一気見ができます(笑)

「ホームシアター」を作るなら、コスパ良しプロジェクター「YABER」がおすすめ


このYABER プロジェクターで毎日の楽しみが増えました。

平日の夜も休日も、映画館に行かなくても迫力の映像をたのしめます。

 

このプロジェクターを買ったよかったと思う瞬間は、家族や友人とワイワイ大画面を楽しんでいるときですね。

ものすごくよろこばれますよ!

 

もっと安いプロジェクターや高価なプロジェクターもありますが、
私はこの「YABER プロジェクター 」で充分満足しています

「買ってよかった〜」と毎日思える商品なので、その詳細をご紹介します。

「ホームシアター」に必要なもの②:「プライムビデオ 」

自宅でホームシアターをたのしむには、プロジェクターなどの機器の他に「プライムビデオ」やネットフリックスなどの映画を見られるサービスと契約するのがオススメです。

プロジェクターにDVDデッキを繋げばDVDを見られなくもないですが、配線がごちゃごちゃすることと、見られる映画に限りがあるため現実的とは言えません。

プライムビデオならネットフリックスなどよりも安く、映画やドラマの中から自分の好きなものを選べます。

同じ動画サービスの「ネットフリックス」や「hulu」よりも安く、映画だけではなく音楽や雑誌、お急ぎ配送無料などの様々なサービスを受けることができるので超オトクです。

ネットフリックス、hulu、U-NEXTなどの他の動画サービスも利用しましたが、プライムビデオ は有名な映画が多く揃っており、月額料金も圧倒的に安いのでとりあえずプライムビデオにすることをオススメします。

 

「ホームシアター」、動画はキレイ?気になる「画素数」

(↑投射中の壁から20センチ程の距離から見たところ)

画面のキレイさについてですが、解像度が1080PフルHD対応であれば、画面から2〜3mはなれて観る場合、画像の荒さは全く感じられません。

かなり近づかないと、ガタガタしたドットは見えません。

(↑投射中の壁から20センチ程の距離から見たところ)

人の顔などでみてみると、ドットが確認できます。

1m以上離れて見るのならば、このように滑らかで鮮やかな映像として見えます。↓

(↑右下にインターフォンの画面がありジャマでしたが、白い紙を貼ると全く目立たないです)

わが家で映像を投射している壁は、漆喰塗りなので通常の白い壁よりもガタガタしていますが、映画を鑑賞する際に気になったことは一度もありません。

字幕の細かい字もクッキリ、ハッキリと見えます。

それぐらい「解像度:1080PフルHD」という規格のプロジェクターはキレイに写ります。

 

また、購入するときに確認したいのが投射距離

プロジェクターを設置する予定の部屋でおおまかな投射距離を確認しておきます。

わが家の場合、6畳の部屋で壁をスクリーン代りにして反対側の壁にプロジェクターを設置してちょうどよいです。(壁とプロジェクターの距離3mほど)

「ホームシアター」に最適な「YABER」は3年保証付き

このYABER プロジェクターはネット上でも高評価の商品です。

ほぼ毎日使用(平均1〜2時間)していても全く壊れる気配がありませんが、万が一故障した場合も3年間の保証がついているので安心して使えます。

プロジェクターは、やや高価なお買い物になるので保証やアフターサービスも良いものを選びたいところです。

また、毎日使うものなので最安値のプロジェクターではなくある程度性能の良いものを選ぶと、使いやすく満足度が高くなります。
このプロジェクターは性能も安定していてコスパ最高です。
また、プロジェクターなどの家電製品は数年で性能が格段に上がるので3年に一度くらい買い替えを考えてもいいかもしれません。

「ホームシアター」に必要なもの③:「Fire TV stick」


プロジェクター本体は映像を投影するだけの機能しかないので映画などの映像をダウンロードしプロジェクターに映像を流す、Fire TV Stickが必要になります。

「Fire TV Stick」がプライムビデオなどの映像をダウンロード

プロジェクターを通し

白い壁に投影する

Fire TV Stickは「サイバーマンデー」などのセールで安くなるので、その時を狙って購入するのがおすすめです。

通常版と4K対応タイプがありますが、プロジェクターで再生する場合は安い方の通常タイプでOKです。


(注意)映像をダウンロードするのにwifi環境が必要です。
映画を視聴する場合、データ量が多いため光回線やポケットwifiを使用します。
スマホのテザリングではデータ通信量が足りないため、クルクルして映像が再生されません。

 

「ホームシアター」に必要なもの④:「ワイヤレススピーカー」


ホームシアターと言えば、迫力のサウンドがかかせません。

 プロジェクター本体からも音声が出るのですが、あまり音質が良くないためAnker Soundcore 2」を別で接続することをおすすめします。

ワイヤレススピーカーであれば、ごちゃごちゃした配線が一切ないので、好きな場所にスピーカーを設置することができます。

また、屋外使用のスピーカーであれば音質もよく、小さいながら迫力のサウンドを楽しむことができます。

大きさが500mlのペットボトルよりも小さく、重さ500g以下と持ち運びに便利で防水性も高く、アウトドアで、お風呂場と、使う場所を選びません。

「手頃な価格で高音質なワイヤレススピーカーはこれ一択!」と言われるくらい人気商品です!

こちらの「Anker SoundCore2」もセールで安くなるので、チェックしてみてくださいね。

Anker Soundcore 2はホームシアターの音響以外にも、様々な使い方ができるので超おすすめです。

↓おすすめのワイヤレススピーカー「Anker SoundCore2」

「ホームシアター」に必要なもの⑤:「ワイヤレスイヤホン」


家族がいる方は、音量を気にしなければいけない状況がありますよね。
その場合は、ワイヤレスイヤホンを使えば快適に映画をたのしめます。

おすすめは、こちらもAnker Soundcore Spirit Xシリーズのワイヤレスイヤホン。

Blue toothで接続されるのでごちゃごちゃした配線もなく、つけ心地が軽いので映画で長時間付けていても負担になりにくいです。

配線を気にしなくても良いので、寝転がって映画を見るのに最適です。

値段もお手頃で品質が安定しているAnker社の製品にはいつもお世話になります。

「ホームシアター」に必要なもの⑥:「白い壁」

taitoruhaikei

ホームシアターと言えば白いロールスクリーンですが、「白い壁」でも充分代用できます。

わが家は凸凹のある漆喰塗りですが、「プロジェクターの映像はとてもキレイに見えます。

 

 

「ホームシアター」に必要なもの:設置編

すべてのアイテムがそろったら、いよいよ設置です。
一番の難関はプロジェクターの固定です。(こちらの写真は先代のプロジェクター)

「ホームシアター」に必要なもの:賃貸なら「メタルラック」

わが家は賃貸ですがDIY自由の物件なので、天井に近い位置に100円ショップで購入した金具すのこを使って設置台をDIYしました。

電動ドリルを使って長めのネジでビス留めし、あっという間に設置できました。

ペンキを使って、設置台の色を統一すると部屋に馴染んでくれます。

 

賃貸の場合は、壁に穴をあけることができないので、「メタルラック 」を設置するのが良いと思います。

収納にもなって使い勝手が良いものを選びましょう。

 プロジェクターは天井につけるイメージがあるかと思いますが、床上1mくらいの高さから投射しても全く問題ありません。ご安心を。

「ホームシアター」に必要な接続は超かんたん!

必要なものが揃ったら、いよいよ接続です。

<接続の手順>

1.プロジェクターのHDMI端子部分にFire TV Stickをブスリと差す。
2&3.Fire TV Stickの電源はプロジェクターから取る(配線のムダを省くため)
4.プロジェクターの電源を入れる
5.プロジェクターの電源ボタン長押しで起動、「Fire TV stick」という文字が壁に投影される
6. ログイン→プライム会員ならプライムビデオが見れます
7.ワイヤレススピーカーの電源を入れ、Fire TV Stick「Blue tooth接続」からワイヤレススピーカーを選択し接続する

おまけ:ホームシアターの大画面で「ゲーム」もできる!


プロジェクターは映画を見るだけではなく、ゲーム機に接続して大画面でゲームをプレイすることができます。

TVに出力する代わりにプロジェクターに出力するだけです。

スピーカーもそのまま接続されるので、ゲームのサウンドも高音質でたのしめます。

 

私は懐かしのスーパーファミコンを贅沢な大画面でプレイし、「いや〜大人になったな〜」と実感しました。

 

スーファミ世代にはたまらないソフトが21タイトル入っている「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を接続し遊んでいます。

懐かしいタイトル目白押しですが、個人的に「パネポン」にハマりました。

これぞ、「自分へのご褒美!」って感じでしたね。

ホームシアターに必要なもの:まとめ

プロジェクターは性能が安定していて、保証があるものを選ぶ
プロジェクター、プライムビデオFire TV StickワイヤレススピーカーがあればOK
・プロジェクターはTVの代わりに大画面でゲームもできる

ポチるだけでホームシアターが作れるってすごい時代ですよね。

毎日がんばる自分へのご褒美に、ホームシアターを自宅に作ると最高ですね。

好きな映画を見て1日を終えれば、ストレスも軽減され毎日の満足度が高くなるのでおすすめです。

 

家族やカップルでホームシアターで映画なんていうのもいいですよ!

きっと「すごーい!」という喜ぶ顔が見られます。

少しでも参考になったらうれしいです!

 


↓長時間座っていても疲れない「人をダメにするクッション」

↓ホームシアターとの相性抜群!「室内ハンモック」

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました