【食べてみた】真緑の巨大魚「カンムリベラ」の味は?

お魚の話
スポンサーリンク

離島に引っ越してきてから釣りにハマっているCUTIE(@yaken_to_issho)です。

暖かい南の島に住んでいると驚くほどハデなお魚に出会うことがあります。
今回いただいたお魚は「カンムリベラ」

第一印象は、「水族館で見たことあるヤツだ。」でした。

南の島では、こうした水族館にいるお魚を食べるのです(笑)

一般的ではないかもしれませんが、そのお味について紹介したいと思います。

 

「カンムリベラ」とは?

カンムリベラ成魚-2

カンムリベラ幼魚-2

写真/美ら海生き物図鑑より

水深10~20mの岩礁・サンゴ礁域や砂礫底に生息。成魚と幼魚の模様の変化が著しい。幼魚は美しい色彩から観賞魚として人気がある。成長すると、大きいもので全長1mに達する。画像1枚目は成魚で、緑色の体色をしており、体の中央部にやや幅広の横帯がはいる。幼魚の体色は白色で、頭部付近には黒い斑紋が散在し、体側上部には白く縁取られた黒色の眼状斑や、オレンジ色の斑紋がはいることが特徴。さらに成長が進んだ若魚では、オレンジ色の斑紋が消え、体の後半部は黒色となる。美ら海生き物図鑑より

ベラの仲間でも最大級サイズのカンムリベラ。幼魚と成魚で体の模様が全然違うんですね。幼魚時代かわいくて、成魚になったらめっちゃゴツくなる・・・。
幼魚の模様が美しいことから観賞魚として飼育されることもあるらしいが、成魚になって大きくなったらどうするんだろう?笑

また、ベラは性転換する魚でも有名。生まれたときのベラは全員メスで、成長にともないオスに性転換するらしい。お互いが見えると性転換し、見えなければメスのままという不思議な生態。

尾びれのギザギザが冠の突起に似ていることから「カンムリベラ」と呼ばれているらしい。

カンムリベラの地元での呼び名は「オバキュー」

カンムリベラまな板

知り合いの釣具屋さんから、この「カンムリベラ」をもらいました。
地元の人は「オバキュー」って呼んでいるそうな。オバキューに似てるからかな?笑

サイズは、まな板にギリ乗るか乗らないかくらい。45㎝というところでしょうか。

これでも大きい方ではなく、最大サイズは70〜100㎝にもなるそうな。

発色の良い緑色すぎて「食べれるんですか?」って聞きました。
色がキレイすぎると毒があるのかなと思いますよね。(笑)

体表はヌルヌルした分泌液が出ていて掴みにくい。ウロコは逆さに撫でてみても引っかかる感じはなし。
でも食べるためにウロコはとらないといけないので、ゴリゴリ取ります。

大きな魚なので一枚一枚のウロコは大きいです。

こういうとき、うろこが飛び散らないタイプのウロコ取りがあるとかなり便利。スルーっと剥がれます。

カンムリベラは真っ白な白身!

カンムリベラ三昧おろし

カンムリベラ身

ムニエルやフライにするとおいしいよ!と教わったので、とりあえず三枚おろしに。
身はすごくキレイな白身。あの緑色からは想像もつきませんでした。

ちなみに、カンムリベラは地元の人に言わせると簡単に釣れるそうです。
普通の仕掛けではなく、カンムリベラ用のシンプルな釣り方があるらしい。

今度おしえてもらうことにしたので、後日追記しますね。

また、魚突きをやる人にとっても簡単に捕まる魚らしいです。

カンムリベラをムニエルにしてみる

カンムリベラ食卓

カンムリベラはムニエルにしました。
分厚い皮をパリパリにするようにジュージュー焼く。
淡白な白身魚なので、脂はほとんどないですが大きな身がホロホロっとほどける食感がとても美味しい。

塩味を少し濃い目にしてバターソースも多めに。
カンムリベラのジューシーでミルキーな風味も感じられ、是非リピートしたいお魚でした。

個人的には、タラやナマズ系の白身よりもずっと美味しく感じましたね。
ただ、出汁があまりでないらしくあら汁などには向かないようです。

大きいお魚なので、身もたくさん取れたためムニエルをフライパンいっぱいに作りました。
話のタネにご近所さんにお裾分けしましたが、「オバキュー(カンムリベラ)めちゃくちゃ美味しい!」と好評だったので、万人受けするお味なのだと思います。

沖縄の方ではよく食べられているみたいですね。

何を焼いてもくっつかないフライパンを使うとやわらかいお魚でも身が崩れないのでよく焼かなければいけないときでも安心。

カンムリベラ:まとめ

カンムリベラ セブ情報

写真/セブ情報より

カンムリベラは見た目と違って食べてみるとめちゃくちゃおいしい。
フライやムニエルなどの油を多めに使う料理と相性がイイみたいです。

本土のスーパーでは決して出回らないお魚なので、食べる機会かあったらぜひ食べてみてください。

 

 

お魚の話
スポンサーリンク
CUTIEをフォローする
CUTIE

犬と自然が大好きな30代ブロガー。
保護犬1匹と保護猫3匹と生活。
雪国出身→東京住み→現在、離島生活。
福祉・教育関係の仕事からネット中心の自営業へ。
性格は非常に凝り性。
現在、初心者ながらも釣りにどハマり中。
生活の中で試行錯誤したことをブログでシェアしていきます。

CUTIEをフォローする
いまをシンプルに生きるには

コメント

タイトルとURLをコピーしました